風俗営業とは

風俗営業とは、スナック・キャバクラ・ショーパブ・クラブ・ホストクラブ、バーなど、
いわゆる「接待」をして営業し、接待のための設備を持って、お客にダンス、飲食、
遊興をさせて、射幸心をそそるような遊技をさせる営業等のことをいいます。

あくまでも「接待」をすることが要件になりますので、単に飲食を提供するだけの場合であれば風俗営業の許可は必要ありません。

風俗営業の「風俗」というのは、あくまでも飲食や遊興を目的をしておりますので、
性的サービスを目的としたものは、法律上、「性風俗関連特殊営業」と呼ばれ、
法律的に異なるものとして区別されております。

なお、麻雀店・パチンコ店・ゲームセンターも風俗営業にあたります。

風俗営業を営もうとする場合は、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律
(「風営法」あるいは「風適法」)の第3条の定めによって、その営業所(お店)ごとに、
その営業所(お店)の所在地を管轄する警察署を窓口として、各都道府県公安委員会
に対して営業許可申請を行ったうえで、『許可』を受けなければならないことになっています。

風俗営業の許可には有効期間はなく、更新の手続きも必要がありません。

ただし、風俗営業許可を受けずに業務を行った場合には、2年以下の懲役もしくは
200万円以下の罰金、又はこれが併科されますので注意が必要です。

風俗営業は、風営法において、「第1号営業から第8号営業まで分類」があり、
それぞれの店舗の要件に応じた形で許可を取得することが必要になります。

    

HOMEはこちら