風俗営業許可の申請書類

風俗営業許可申請に必要な書類の書類収集や作成は、
店舗の開店前の忙しい時に大きなご負担となります。

さらに、風俗営業許可申請は、警察署によって独特な違いがありますので、
それを踏まえた対応をしないと、なかなか許可が下りないこともあります。

そこで、風俗営業の許可申請手続きは専門の行政書士にお任せいただいた方が、
時間と労力が省けて、その分、開業に集中することができます。

下記に風俗営業許可申請に必要な書類についてご案内します。

ご用意が必要な書類は、店舗を個人経営とするか、法人経営とするかによって
異なります。

<個人で申請する場合に必要な書面>

1.許可申請書
2.営業方法の表示の書面
3.店舗の使用承諾書
4.図面(店舗平面図、テーブル・イスの配置図、店舗求積図、客室求積図、
  照明・防音・音響設備図、建物概要図(ビルの入居状況・1階の略図))
5.店舗の周辺図
6.飲食を提供する場合は保健所の飲食店営業許可証の写し
7.メニューの写し
8.住民票(本籍記載)
9.市区町村長の発行する身分証明書
10.成年被後見人等に登記されていないことの証明書
11.人的欠格事由に該当しない旨の誓約書
12.管理者についての上記8〜11の書面
13.管理者の「誠実に業務を行う旨の誓約書」
14.管理者の顔写真

<法人で申請する場合に必要な書類>

1.許可申請書
2.営業方法の表示の書面
3.店舗の使用承諾書
4.図面(店舗平面図、テーブル・イスの配置図、店舗求積図、客室求積図、
  照明・防音・音響設備図、建物概要図(ビルの入居状況・1階の略図))
5.店舗の周辺図
6.飲食を提供する場合は保健所の飲食店営業許可証の写し
7.メニューの写し
8.定款の写し
9.登記簿謄本
10.役員全員の住民票
11.役員全員の市区町村長の発行する身分証明書
12.役員全員の成年被後見人等に登記されていないことの証明書
13.役員全員の人的欠格事由に該当しない旨の誓約書
14.管理者の上記10〜13の書面
15.管理者の「誠実に業務を行う旨の誓約書」
16.管理者の顔写真

※書類によっては、当事務所で取得代行出来るものもあります。

※警察署によっては、その他の書面の提出が必要になる場合もありますので、
 注意が必要です。

    

HOMEはこちら