風俗営業許可申請の流れ

風俗営業許可申請による許可がおりるまでの流れについて、下記にご案内します。

 (お客様) ご相談・お申し込み 

         

 (当事務所) 立地などの調査・確認 

  *開業を希望する場所が、風営法において、許可を受けることが可能かどうかを調べます。
    (都市計画法の用途地域、風営法の保護対象施設かどうか等の調査)

  *申請者や管理者や役員(取締役等)が、風営法上の人的欠格事由に該当しないどうか
    の確認もします。

         

 (お客様) 店舗の賃貸借契約を締結、内装工事の実施

         

 (当事務所) 従前の営業者の廃業届けの有無の調査

         

 (当事務所) 店舗の内部調査 

  *店舗の内部構造の確認をします。
    (店舗の内部構造が風営法、消防法、建築基準法などに適合しているかどうかの確認)

          

 (お客様) 必要書面の準備 

  *経営者の方の「住民票」など、申請のために必要な書面をご準備いただきます。

         

 (当事務所) 申請書類の作成

  (1)保健所に対する「飲食店営業許可申請」の書類を作成します
  (2)警察に対する「風俗営業許可申請」の書類を作成します。

         

 (当事務所) 保健所に対する「飲食店営業許可申請」の実施と
           保健所の実地調査 ※1


  *お客様の同行は不要です。

          

 【 飲食店営業許可の取得 】  

  *店舗内で、飲食物を調理して提供しない場合には、飲食店営業許可は不要です。

         

 (お客様) 風俗営業許可申請書類へのご署名・ご捺印

  *当事務所にてご用意します風俗営業許可申請書類へご署名・ご捺印をいただきます。

         

 (当事務所) 警察署の生活安全課に対する「風俗営業許可申請」の実施
 (お客様)   申請にご同行をいただきます。

          

 (当事務所) 風俗環境浄化協会による検査の立会い
 (お客様)   風俗環境浄化協会による検査の立会い
  
  *風俗営業許可申請の実施から10日前後で検査があります。
  *店舗が風営法に適合しているかどうかの調査です。
  *区役所や消防署の検査も同時に行うエリアもあります。

         

 【 風俗営業許可の通知 】  

  *風俗営業許可の通知があった日から営業ができます。

         

 (当事務所) 『風俗営業許可申請証』等の交付

  ※風俗営業許可申請の実施後、問題がなければ、ここまで55日以内で許可がおります。
    おおむね申請から40〜50日前後で許可がおります。
    所轄警察署によって大きな地域差があります。

※1 お客様に対して、酒類や料理を提供する場合には、食品衛生法法上の許可を受けるために、
   特に「食品衛生管理者」の資格を持っている人をおくことが必要なうえ、
   印鑑を持参のうえ、店舗の所在地を所管する保健所の窓口に下記の書面一式を提出して
   申請をする必要があります。
   

   1.営業許可申請書1通
   2.営業設備の大要・配置図2通
   3.食品衛生管理者の資格を証する書面(食品衛生管理者の資格が必要です)
   4.登記事項証明書1通(法人の申請の場合)
   5.水質検査成績書(貯水槽や井戸水を利用する場合)

   なお、施設の基準は下記のとおりです。
   

   1.施設全体について、清潔性と耐久性があること
   2.施設内について、清掃がしやすい、耐久性があること、ねずみ・虫などの害虫の防止設備
     を施すこと
   3.食品取扱設備について、衛生的であること
   4.給水設備について、衛生的であること
   5.汚水・汚臭が漏れない設備であること

   基準に適合していれば、保健所からの許可証が交付されます。
   

    

HOMEはこちら