風俗営業の種類

 風俗営業の種類は、下記のとおり、種別によって、「第1号営業から第8号営業まで」
 に分類されています。

 風営法では、第1号営業から第6号営業までを「接待飲食等営業」といい、
 第7号営業と第8号営業は「遊技場営業」といいます。

 風俗営業の営業時間は、原則的に「日の出から深夜0時まで」
 (第7号営業と第8号営業は除く)となります。
 営業時間の例外的として、都道府県の条例によって、
 深夜1時まで営業が認められている地域もあります。

 第1号営業 (例:キャバレー・大規模なディスコ、大規模なショーパブなど)
 

 お客にダンスをさせ、お客への接待があり、お客に飲食の提供を伴う営業。

 第2号営業 (例:キャバクラ・ホストクラブ・クラブ・ショーパブ・パブ・スナック・バー・料亭)

 お客への接待をし、お客が遊興し、またはお客への飲食を伴う営業(第1号に該当する営業を除く。)

 第3号営業 (例:ナイトクラブ、ディスコなど)

 お客にダンスをさせ、かつ、お客に飲食の提供を伴う営業。
 (店舗の従業者は、お客と一緒にダンスはできず、お客への接待もできない。)
 俗に、ダンス飲食店。(第1号に該当する営業を除く。)

 第4号営業 (例:ダンスホール等)

 お客にダンスのみをさせる営業。
 (資格のあるダンス教師が、ダンス指導をするダンス教室は適用除外)
 お客に飲食を提供したり、お客の接待はできない。

 第5号営業 (低照度飲食店)

 お客に飲食のみを提供し、客席の照度が10ルクス以下での営業。
 (第1号から第3号までの営業を除く。)

 第6号営業 (区画席飲食店)

 お客に飲食のみを提供し、客席が他から見通すことが困難であり、
 かつ、客席が5平方メートル以下での営業。

 第7号営業 (例:マージャン店・パチンコ店・パチスロ店・射的など)

 お客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせ、店の照度が10ルクス以上ある営業。

 第8号営業 (例:ゲームセンター・ゲーム喫茶など)

 テレビゲーム機、メダルゲーム機、スロットマシン、UFOキャッチャーなどの
 遊技設備で、本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊技に
 用いることができるものを備える店舗、その他これに類する区画された施設において
 当該遊技設備によって、お客に遊技をさせる営業。
 (第7号に該当する営業を除く。)

    

HOMEはこちら